独立開業にあたり事務所の場所をどうするかはかなり悩みました。
オフィスビルを借りるか、住んでいたアパートの一室を事務所とするか、実家の一室を事務所とするか…

最初は実家の一室を事務所とすることを考えました。

メリット
・家賃が発生しない
・通勤時間がない

デメリット
・駐車場に余裕がないためお客さんに来てもらうことができない
・自宅開業ではお客さんから信用してもらえないかもしれない
・仕事とプライベートの区別が曖昧

お客さんに事務所に来てもらうことも多々あるためやはり実家は厳しい…

住んでいたアパートの一室を事務所とすることも考えましたが、これには原則家主の許可が必要です
私も当時家主との間を仲介してもらっていた不動産屋に聞いてみたところ「絶対にダメ」と言われてしまいました。
多くの家主は事業用として貸し出すと不特定多数の人が出入りするようになるため、その状況を嫌がり許可をださないそうです。

次にオフィスビルを借りることを考えました。

メリット
・駐車場を用意できればお客さんに来てもらえる
・仕事とプライベートの区別が明確

デメリット
・家賃が発生する
・通勤時間が発生する

実際に物件を探しいくつか見学にも行きました。
しかし価格、広さ、場所、清潔さなどなかなか希望条件に合うところは見つけられませんでした。

そんなとき以前の職場の先輩に「なかなかいい物件が見つけられなくて…」とぼやいていたら

「だったら一軒家を借りて事務所兼自宅にしちゃえば?」

と提案されました。

なかなか目からウロコ的な発想でした。
すぐに一軒家に絞って物件を探し始めました。
ところが一軒家ってあまり物件数としては多くないんですね。
あっても事務所として使える広さの部屋がなかったり、奥まったところにあったり、駐車場が狭かったり…

退職時期も決まりそろそろ開業場所を確定させなきゃと焦りだしていた平成28年のお盆休みになる前の日、ネットで今までチェックしたことがなかった不動産屋のホームページにたまたまたどり着きました。
そこに自分の希望条件に合った物件がでていました!

・事務所として使える広さの部屋がある
・幹線道路からそれほど離れていなく、分かりやすい場所にある
・駐車場が来客用に2台分確保できている

「これだ!」と思い即、不動産屋に連絡。
翌日見学に行き現況を確認してお盆明けすぐに賃貸借契約を結びました。
これが今の事務所であり兼自宅(1階:事務所 2階:自宅)。
決まるときはあっという間に決まるものなんですね。

後から聞いた話では同じ時期に見学させてほしいという方が何人かいたようです。
数日連絡が遅ければ先を越されていたかもしれません。

あのとき物件を見つけたのもまったくの偶然でした。
何か縁があったのかな~と思っています。

結果として私はオフィスビルを借りるでもなく、住んでいたアパートの一室を事務所とするでもなく、実家の一室を事務所とするでもなく

一軒家を借りて事務所兼自宅としました。

ブログタイトル「独立開業時はオフィスビルを借りるべきか」の私なりの結論は
「資金が潤沢にあればオフィスビルを借りるべき、資金に余裕がなければ実家で開業すべき。」です!
当たり前の結論ですが(笑)
ただし「一軒家を借りて事務所兼自宅とするスタイルもあり。」と付け加えたいと思います!

折衷案的な結果になってしまいましたが、現状ではいいチョイスだったと思っています。
事務所スペースだけ見てもらえばそれなりに事務所チックになっていると思いますし、駐車場も確保できたし。
幹線道路の車の音もほとんど聞こえないし、生活環境も申し分ありません。

一軒家の家賃は決して安くありませんが、自宅分と事務所分の2軒分と考えれば納得できています。
決して安くない家賃ですが、その分は本業で頑張って稼ぎ出す!というモチベーションにしています。