事務所の特徴

「他の会計事務所とは何が違うの?」

税理士が行う税務書類作成業務(申告書などの作成)や税務相談業務(節税相談など)はどの会計事務所でも当然に提供しています。

では、弊所は他の事務所と何が違うのか。

 

<ここが強み!事務所の特徴5点>

1.「いつも変わらぬ安心感」 担当者はずっと同じ税理士!

2.「ニコニコ・キビキビ・ハキハキと!」 元小売業出身の相談しやすい税理士です!

3.「スピーディーに対応!」 税理士が直接担当だから対応が早く、情報共有も正確!

4.「お金のよろず相談所」 対応分野は税務・会計だけじゃない!

5.「はじめの一歩のお手伝い!」 新しいIT関連サービスへのチャレンジを応援します!

 

1.「いつも変わらぬ安心感」 担当者はずっと同じ税理士!

通常の会計事務所は所長税理士ではなく資格をもたない職員が担当となるケースが多いです。

 

「税理士と面談してこの人なら安心して任せられる!と思って顧問契約したのに、実際の担当者は入社したての新人で知識面、対応面ともにいまいち…」

「いい担当者だったのに数年で担当替えが行われてしまった…」

「所長税理士と会うのは年に1回決算のときだけ…」

「そもそもここ何年も所長税理士に会ったことがない…」

こんな不満をお持ちの社長は珍しくありません。

 

弊所は代表税理士の鈴木が直接担当します(税理士業界歴は10年超)。

担当者が変わるということはありません。

年齢は30歳代と税理士の中ではかなり若い方(税理士の半数超は60歳以上、30歳代以下は全体の1割程度)なので、長いおつきあいができます。

 

2.「ニコニコ・キビキビ・ハキハキと!」 元小売業出身の相談しやすい税理士です!

税理士は異業種からの転職組が結構いますが、前職が小売業という方に会ったことはほとんどなく、珍しいと思います。

いまだに
「今の税理士は上から目線でセンセイ意識が強く、言葉遣いも横柄で気軽に相談できない…」
なんて不満が聞こえてくるこの業界。

小売業界にいたときは誰よりも大きな声で挨拶していました。
(どうでもいい話ですが、接客五大用語「いらっしゃいませ、こんにちは!」「はい、かしこまりました!」「恐れ入りますが」「大変お待たせいたしました」「ありがとうございました、またお越しくださいませ!」は今でもソラで言えます。)

今ではそんな大声をだすことはありませんが、小売業界を経験してきたおかげなのかお客さんからは

・話しやすい

・誠実

・さわやか

という評価をいただいています。

自己評価としては小売業経験のせいか元からなのかはわかりませんが、

・圧倒的低姿勢

には自信があります(笑)

「なんでも相談できる話しやすい税理士」をお探しでしたらご期待に沿える自信があります!

 

3.「スピーディーに対応!」 税理士が直接担当だから対応が早く、情報共有も正確!

よくわからないことを担当者に相談すると

「事務所に戻って、所長と相談したうえで回答します。」

数日経っても連絡がこず、事務所に電話すると

「所長が数日間出張中で、メールはしたんですけど返信がなくて…」

後日税理士から届いた回答はどこかピントがずれた内容だった…

相談してもすぐに回答がこない、会計事務所内の情報共有レベルが低く望んだ回答がでてこない…

こんな状況では不満に感じてしまうでしょう。

 

弊所は代表税理士が担当者なので情報共有が不正確だったり時間がかかるということはなく、相談いただいた内容については原則当日中、遅くとも翌営業日中に対応しております。

すぐに回答が難しい相談内容の場合でも、回答時期のご案内は翌営業日中に致します。

 

<留意事項1>

スピーディな対応を心がけておりますが営業時間外(平日17:30以降、土日祝)の連絡については翌営業日対応となります。

「24時間年中無休」はパッと見素晴らしいサービスですが、サービスを提供する側は四六時中気が休まらず心身が疲弊していきます(小売業界で身をもって体験済みです…)。

営業時間中にお客さんへのサービスを最高の状態で提供するためにも、営業時間外は自己研鑽や休息に充てて心身の状況を整える、といったメリハリをつけるべきだと考えています。

 

<留意事項2>

弊所への連絡は通常メールでお願いしています(初めて連絡を取る場合はホームページ上の「お問合せ」フォームをご利用ください)。

電話はすべて携帯に転送されるようにしていますが、お客さんとの打ち合わせ中はでることができません(実際にお会いしているお客さんを優先すべきだと考えています)。

折り返し電話しても今度はお客さんの都合が悪くてでられず、互いに何度も折り返す…というケースは珍しくありません。

通常の連絡手段としては互いの業務中に割りこむことなく、空き時間に対応できるメールが最善ではないでしょうか。

電話連絡は

・メールが苦手な方が連絡をとりたい場合

・メールではうまく相談内容を伝えきれない場合

・緊急の用事を伝えないといけない場合

など限定されたケースにおいて活用すべきだと思います。

 

4.「お金のよろず相談所」 対応分野は税務・会計だけじゃない!

代表の鈴木は税理士だけでなく1級ファイナンシャル・プランニング技能士(1級FP技能士)という国家資格も保有しております。

税理士はよく「お金の専門家」と評されますが、試験範囲に税務・会計以外の分野は出題されません。

弊所では税務・会計だけでなく、1級FP技能士の試験範囲である社会保障・保険・相続といったお金に関する幅広い分野についてご相談いただけます!

(税務・会計以外の分野についてはあくまで一般論の回答となります。個別具体的な相談、書類作成等の代理業務が必要な場合は提携している専門家を紹介致します。)

 

5.「はじめの一歩のお手伝い!」 新しいIT関連サービスへのチャレンジを応援します!

一般的な会計事務所でもIT関連サービスの導入業務を行っていますが、その内容の多くは会計ソフトの導入とそのソフトに附随したサービスの導入に留まっていることが多いです。

この場合は会計ソフトに附随したサービスまで含めると価格もそれなりの金額になりがちです。

 

代表の鈴木は事務所を効率的に経営していくために主にIT関連のサービス、アプリを積極的に活用しています。

便利なサービスでも原則無料(より便利なサービスを受けたい場合は有料)というものはたくさんあります。

 

元々IT系の知識に長けてるとはいえず、独立前は税務・会計ソフトとExcel、Wordを自己流で使っている位でした。

そんな自分だからこそ、勇気をだしてサービスを導入したときの多大なメリットをお伝えできると思っています。

 

導入時の設定は時間がかかり大変な面もありますが、一度使い始めることができれば今後ずっとITによる効率化の恩恵が受けられます。

ぜひ未体験のサービスを体験するための「はじめの一歩」をお手伝いさせてください!

以下はこれまでに弊所が実際に導入してきたアプリや機器の一例です。

・弥生会計、freee(会計ソフト)

・Excel(関数、マクロ)

・CubePDFPage(PDFファイルの結合・解除)

・Scannable(スキャン)

・Googleカレンダー、Moca(スケジュール管理)

・FastEver、Evernote(メモ管理)

・MoneyForword(家計管理)

・Google Home、Amazon echo、家電コントローラ(AIスピーカーでの音声操作)