※レシートには領収書より内容が詳細に書かれていることが多いので内容を把握しやすいです。

 

この支払いを経費にするには証拠が必要

レシートでは証拠にならないので領収書が必要

だからレシートじゃなく領収書ください

 

このような考えでレシートがでるお店でも領収書をもらう方はかなり多い印象があります。

実際のところレシートでは経費計上は認められないのでしょうか?

 

領収書よりむしろレシートの方が証拠能力は高い

結論から言えば

 

レシートがあれば経費計上できます。まったく問題ありません!

 

もちろんレシートの中身が仕事と関連していることが前提ですが。

 

ほとんどのレシートは細かく内容が記載されています。

店名、購入日、金額、品名など。

品名は型番のみの記載しかないものもありますが、ネットで検索すればかなりの確率でどんなモノなのかわかります。

大手通販サイトとかで写真付きで見れるので。便利ですね。

 

一方の手書き領収書の場合。

店名、購入日、金額。

これらはまぁ、通常「書いて」と言わなくても書いてくれます。

問題は

品名。

但し書き部分、いつも何と書いてもらっていますか?

これまで見てきた領収書の中で一番多かったのは

「御品代」。

この

「但し書きには御品代と書いておけば大丈夫」

という風潮もどういった経緯で広まったかは不明ですが、御品代と書いてあっても証拠能力という点では何も書いていないのと大差ありません。

買ったモノが事業とどう関係するのかさっぱりわからないからです。

まだ「事務用品代」とか「贈答品」とか「工具」とか書いてあればいいんですけど。

内容が詳細に明記される点で証拠能力では完全にレシートの方が上です。

但し書きの記載内容は買い物したお客のリクエストどおりに書く店員さんがほとんどだと思うので、その但し書きが正しい保証もありませんし。

手書き領収書ではプライベートのモノが混ざっててもわからないですよね…

手書き領収書はプライベートのものが混ざっているのでは?とあらぬ疑いをもたれやすくなる、という点もデメリットだと思います。

 

まれに金額欄や購入日が白紙の領収書をもらうことがありますが…(-_-;)

必ず店員さんに書いてもらいましょう。

自分でちゃちゃっと書いておけばいいや、と思う方もいるかもしれませんが筆跡というのは自分が思っている以上にクセがあるものです。

自分で金額を書いた領収書があまりに多ければ金額を偽装してるのではないか?と変な疑いをもたれかねません。

取引先と飲みに行って領収書をもらったが翌日よく見てみたら金額が白紙だった…

こんな場合は自分が実際に支払った金額を金額欄に書いてしまうのではなく、余白にメモ書きしたうえで経費計上することをオススメします。

 

手書き領収書がほしいケース

ただ、手書き領収書をもらってほしいケースもあります。

それは導入して何十年もたつであろう年季の入ったレジから発行されるレシート。

品名どころか店名すら書かれておらず、印字された数字は今にも消えてしまいそう…

こんなレシートの場合は手書きの領収書をもらった方がいいでしょうね。

 

レジで領収書を追加発行してもらえても、かえって経理ミスしやすくなる

以前勤務していたホームセンターで使っていたレジはレシートだけでなく領収書も発行できました。

大手チェーン店が使っているようなレジなら通常ついている機能でしょう。

手書きの領収書発行には時間がかかるのでレジから短時間で発行できる領収書発行機能が求められたのでしょうが…

それだけ世間では領収書を求める方が多い、ということなんでしょうね。

しかし領収書を別途発行してもらった場合同じ買い物についてレシートと領収書の2枚が手もとにあることになります。

へたすれば経費の二重計上という経理ミスを起こしかねません。

かといってレシートを店側で預かってしまうと今度は買い物の詳細がわからない…

領収書をもらうメリット、やっぱり思い浮かびません。

レシートだけの方がよっぽどわかりやすいです。

 

自分の時間、相手の時間ともに消費してしまう

レジから追加で発行できる領収書ならともかく、手書きの領収書は書くのにそこそこ時間がかかります。

 

以前の勤務先ではどうしても手書きの領収書が必要!

というお客さんもいたので、その場合はサービスカウンターで対応してました。

サービスカウンターも混むときはものすごく混みます。

しかもサービスカウンターは基本1人しか担当者をおきません。

後ろにお客さんが何人も並んでいるときに手書きの領収書を書くのは結構プレッシャーを感じてました。

「まだかかるのかよ!」というお客さんの無言のプレッシャーを…!

 

店員さんが領収書を書いているあいだは待っている方も何もすることなくただ待つのみ。

先に書いたとおり支払いの証明書としてはレシートでまったく問題なく、手書きの領収書は必要ありません。

必要のないものを作成するのに店員さんも自身も時間を消耗する…

不毛な時間だと思います。

 

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済…

せっかくキャッシュレスで決済はスムーズにできるようになってきたのに必要のない領収書の発行に時間を費やすのはもったいないです。

 

「領収書ください。」

はそろそろやめてみませんか。