機器にチョップ

※音声操作ができなくなったAIスピーカーとスマートリモコン。叩いて直ればラクなんですが。

 

AIスピーカー(Amazon Echo)とスマートリモコン(eRemote Mini)を組み合わせて家電を音声操作するようになって半年。

特に便利なのは

「Alexa、全部つけて(消して)」

でリビング・キッチンの照明とテレビのスイッチを同時につけられる(消せる)操作。

スイッチに触らずリモコンにも触れずに一瞬でON・OFFができるのは快適すぎます。

そんな環境にもすっかり慣れた今日この頃だったのですが…

 

突然ON・OFFできなくなった!

ある朝いつも通りに起きて、

いつも通りに朝食とって歯を磨いて新聞読んで。

さて、じゃあ仕事場に行こうかと思い

「Alexa、全部消して」

と言ったら

 

… …消えない…?

照明もテレビも。

 

あれ、また聞き取れなかった?(結構反応しないこともあります、テレビだけ消えなかったりとかも)

と何度か言い直すものの、やっぱりダメ。

 

こんなケースは今までありませんでした。

 

まずはネットで解決手段を調べてみるも…

困ったときは適当に機器名や状況をキーワードにしてネット検索するのが常套手段。

同じような状況から解決できた方のブログなどが大抵ヒットするのですが…

 

AIスピーカーやスマートリモコン自体にエラーが起きていてそのエラーを直す方法はヒットするのですが、今回の場合AIスピーカー・スマートリモコン自体単独では正常に動いていたんです。

このようなケースでどう対処すればいいかという情報はネット上にあるのかもしれませんが、私には見つけられませんでした…

 

アプリ間の連携をいったん解除→再度連携、で解決!

音声操作で家電を操作する流れは

音声をAIスピーカーが拾う→AIスピーカーからスマートリモコンに指示をとばす→スマートリモコンから各家電に通常のリモコンと同様の赤外線をとばして操作

こんなイメージです(私がもつイメージです、間違っていたらごめんなさい)。

 

AIスピーカーもスマートリモコンも単独では動いている。

てことはAIスピーカーとスマートリモコンの連携がうまくいっていないのでは?

と推測しました。

 

で、結論からいえばiPhoneアプリの「Amazon Alexa」からスマートリモコンを操作するスキル「LinkJapan eHome」をいったん無効にして、再度有効にすることで問題を解決できました!

 

「Amazon Alexa」のホーム画面の左上をタップして

Amazon Alexaホーム画面

 

「スキル・ゲーム」をタップ。

Amazon Alexa左上ボタン

 

 

「LinkJapan eHome」をタップ。

Amazon Alexaスキル操作画面

 

 

今回のケースではスキルが有効になっていたにもかかわらず動作しなかったのでいったん無効にします。

Amazon Alexaスキル無効画面

 

 

この後にあらためて有効にして、各家電ごとに設定したデバイスを再度登録することで以前と同様に操作できるようになりました。

 

この「Amazon Alexa」アプリ内の画面もどんどん形式が変わっていくので、他の方の記事を参考に操作しようと思ってもどこが該当する部分なのかわからず苦戦しました…

 

まとめ

いつもできていた操作が突然できなくなって右往左往しましたが、なんとか自力で復旧。

こういうときはメーカーに問い合わせれば早いのかもしれませんが、自分でなんとかしようと粘ったおかげでトラブルに対応する力をちょっと身につけられたのでよしとします。

AIにしろ、ITにしろ自分であーでもない、こーでもないと悪戦苦闘しながら自分のやりたいことを実現しようとするのが実力をつける一番の近道なのかもしれませんね。

 

 

[今週の雑談]

本日1月14日は成人の日。

ですがいまだに成人の日は1月15日のイメージがあります。

調べてみたら1999年までは1月15日で、2000年からハッピーマンデー制度が導入されて1月の第2月曜日に変わったそうです。

このイメージに共感していただける方はそれなりの年齢の方ということですね(笑)

地元の成人式は常にお盆に開かれていたので成人の日の思い出は特にないのですが(^^;)

20歳といっても当時は大学生で親のすねかじりまくりで、大人になった意識はまったく持てなかったな~

18年経過した現在、おなか周りの肉の付き具合は成人をとおりこしてもはや立派な中年レベルになりつつあります(´;ω;`)